*All archives* |  *Admin*
03≪ 2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競馬場線#9
競馬場線#9

競馬場線といったらやはりこの撮影地。
(ここの撮影地ガイドはコチラ。何枚か写真があります。)
ホントにきれいに撮れるものだ。

辺りは静かだしいい場所。
新興住宅が何件かあり、
写真の列車の左手には森のように
気がとても多い、神社のようで鳥居がある。

この列車が曲がってすぐ駅に入るので、
いかに、東府中駅から近いかが分かる一枚であり、
競馬場線の大部分の区間が入っているので
競馬場線のいろいろが分かる一枚にもなる。

そんな競馬場線

競馬場線シリーズはとりあえず、これで終了。
また撮影したり、いいものがあったら載せますね。

長いことお付き合いありがとうございました。
次回からはまた普通にやっていきます。

では。


撮影場所:コチラを参照。
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)
スポンサーサイト

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#8
競馬場線#8

競馬場線
東府中を出ると、いったん単線になるが
またすぐに複線になり、
左へ曲がるところにこの前の踏切が右手に見える。
ここでしばし直線。
しかし、後の右カーブは緩くないので、
速度はあまり出ない。

そして、曲がって少しの直線を走ると
もう終点の府中競馬正門前に到着。

で、その駅のホームに張り付くように踏切があって、
その踏切上にかかっているポイントを撮った写真という、
この説明の無駄な長さ。

そんな競馬場線


撮影場所:府中競馬正門前駅のそば
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#7
競馬場線#7

東京競馬開催時は東府中駅に臨時で準特急が停車する。
たまたま、乗った日が競馬開催日で、ここで降りてみた。

臨時停車などと言われると、
用が無くても降りてみたくなってしまう。

ただ、帰宅時間あたりに上り準特急がとまらないのが不思議だ…。
以前の記事にもあったように、急行の直通列車があるからだろうか。

ただ、アクセスの便がいいのは確かだろう。


撮影場所:東府中駅
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#6
競馬場線#6

記事を書き始めてから気が付いたのだが、ここは以前たしか、
おばあさんが踏切を渡りきれず、亡くなられた踏切だと思う。

京王線に合流する競馬場線
京王線に対して、とても斜めに交わるが、
その競馬場線とに並行している道路が京王線に交わっている。

その踏切は、もちろんとても斜めに交わっているため、
遮断機から遮断器までの距離がとても長くなってしまい、
横断にも時間がかかる。そのため、渡りきれなかったのだろう。

そのためか、警備員の方がいるのが分かる。

踏切事故には気を付けたいものだ。

そして、そのおばあさんのご冥福をお祈りします。


撮影場所:東府中~府中競馬正門前 車内より撮影。
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#5
競馬場線#5

ずっと行き来している左の都営車と、
競馬が終わる時間まで、待機中の京王8000系。

回送表示だが、この後、急行新宿行となっていた。
最初からそうして、開放しておけばいいのに…。

もうすぐドアが開くのか、
8000系の前に人が何人か見える。

そんな競馬場線の休日。


撮影場所:東府中~府中競馬正門前
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#4
競馬場線#4

競馬場線を8両編成の列車が走る。

ステレンスに夕日を輝かせて。

ゆっくりゆっくり
走っていく。

そんな競馬場線


撮影場所:東府中~府中競馬正門前駅
撮影日時:2011年01月29日





FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#3
競馬場線#3

終点、府中競馬正門前駅は改札は1つしかない。

改札の目の前に細い道が一本通っているが、
その道をまたぐ屋根があり、屋根の下をそのまま歩けば
競馬場の入り口となる。本当に目の前で、
競馬場線という名前を付けるにふさわしい。

起点の東府中駅から1.0Kmちょうどで、
全然歩いて行ける範囲ということもあり、
とても閑散としている。

そのこともあって、
住宅の多い、線路の北側には改札がないのかもしれない。

ただ、見ての通り、線路の終端に改札口があるため、
もしも一番後ろの車両に乗ったら、相当歩かなければならない。

そんな競馬場線、府中競馬正門前駅。


撮影場所:府中競馬正門前駅
撮影日時:2011年01月29日




FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#2
競馬場線#2

終点に到着。

終点と言っても、ローカル線のように
長く長く乗ってやっと着いたわけではなく、
わずか、1~2分足らずで着いてしまう。

座って、気が付けば駅に入線したと
言っても、決してオーバーではない。

運転手さんは、
反対側の運転席に向かい、
そして再び、同じ1駅の区間を行き来する。

そんな競馬場線


撮影場所:府中競馬正門前駅
撮影日時:2011年01月29日




FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

競馬場線#1
競馬場線#1

今日は休日。

都営新宿線の車両が8両編成で
ゆっくり、1駅の区間を行き来する。

競馬が始まる前、
終わった後は、人がたくさん乗るけど、
やっている間の今は、
いつもの競馬場線に
不釣合いな8両編成が走っているようなもの。

列車の中も人がほとんど乗っていなく、
とても静かに、まったり時間が進む。

そんな競馬場線の休日。


撮影場所:東府中~府中競馬正門前間
撮影日時:2011年01月29日




FC2ブログランキングと
にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

日本ブログ村のブログランキングに
ぜひご協力お願いします!! 

ハケットの日常をマンガにしてみたブログ
各駅停車だっていいじゃないか。もぜひみてください。(コチラです。)

タグ : 京王 競馬場線

中河原駅の風景 #4
中河原の風景#4

乗務員さんだけが乗った
2両の短い列車が、通過する。

夕日を背にして、颯爽と走ってゆく。

ライトを4つ光らせて、
そのうちの2つは、まるで
夕日のクローンのように。

やわらかいライトを照らして、
颯爽と走ってゆく。

そんな中河原駅の風景。

中河原駅シリーズはこれでおしまい。

2つの列車と1つの場所、
そして、何気ない夕方の短い時間だけで
ここまでのストーリーができる。

鉄道はすごいものだ。




にほんブログ村 鉄道ブログ 京王線へにほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ

タグ : 京王

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。